« 第26番目 都都古別神社 | トップページ | エミシと呼ばれた東北の住民とは »

2016年6月29日 (水)

第27番目 伊佐須美神社

伊佐須美(イサスミ)神社は、延喜式においては伊佐須美神の一座ですが、現在の祭神はオオヒコ命、タケヌナカワ命、イザナギ命、イザナミ命の4神です。神社の場所が大沼郡といいますから、古来は、神社の前を流れる宮川とその東の大川(阿賀川)とのあいだには大きな沼地が広がっていたとおもわれます。今でも、近くに根岸、沖の館、瀬戸という地名が残っています。その大沼のほとりにあって人々が出逢う津(港)が会津、あるいは神に饗(アヘ)する津であって、イサスミ神とは、大沼の磯辺(石の多い聖地)で祭祀をする巫覡が降ろす霊(ミ)という意味ではないでしょうか。あるいは、隅(スミ)と同類語の隅(クマ)があり、クマとは奥まった神聖な場所という意味をもっています。それゆえ、人が立ち入ることが禁じられていた大沼の上流の秘所を、禁(イサ)む隅(スミ)と言い習わしていたのかも知れません。

Photo_3

Photo_5大沼の対岸の会津若松市内の丘の上には、4世紀中ごろといわれる前方後円墳の会津大塚古墳(全長90m)があります。この地域を最初に開拓したヤマト政権に関わる人物の墓とおもわれ、もとは丈刀人であり、後に安部氏系である丈部(ハセツカベ)と呼ばれるようになった軍事伴部であった氏族の奥津城であったのかも知れません。さらに近くの会津坂下町にある全長が127mの東北第2の規模の亀ケ森古墳(右の写真)も、同じ氏族のものと考えられます。会津の場合、会津国造は記録にはありませんが、それよりも古い会津県主(アガタヌシ)がみられますので、やはり、ずいぶん前からヤマト政権との交流が盛んな地域だったのでしょう。

Photo_6伊佐須美神社の7月に行われる御田植祭は、日本三大田植祭の1つ(あとの2つは伊勢と熱田)として有名だそうで、大沼が開墾された後に盛んになった神事だと思われます。また、注目されるのは旧暦の5月に行われる砂山祭(塩土祭)の塩焼神事で、海から遠い山間盆地における塩の重要性が考えられ、かつ、離れた山人と海人の相互交流を物語るものでしょう。(右の写真は会津盆地から見る磐梯山)


会津嶺の 国をさ遠み 逢はなはば 偲(シノ)びにせもと 紐(ヒモ)結ばさね  (万葉集 巻14-3426)

Photo_8右の図は、古代の会津盆地の大沼のおよその推定図です。盆地の北にある喜多方とは、大沼の北の潟(カタ)の意味でしょう。







伊佐須美神社: 大沼郡会津美里町宮林

« 第26番目 都都古別神社 | トップページ | エミシと呼ばれた東北の住民とは »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第27番目 伊佐須美神社:

« 第26番目 都都古別神社 | トップページ | エミシと呼ばれた東北の住民とは »