« 第21番目 安房神社 | トップページ | 第22番目 玉前神社 »

2016年5月30日 (月)

防人のうた

防人に 行くは誰が背(兄)と 問うひとを 見るが羨(トモ)しさ もの思ひもせず (巻20-4425)

Photo_2いつの時代も、身内の誰かを戦へ送り出すのは心が裂けるできごとだと思います。1300年前のアズマの国々からは、たくさんの若い人たちが防人(サキモリ)として、遠くは九州までも旅して歩いたのです。任期は1年から3年、旅の準備はもちろん、武器にいたるまで、本人が用意しなければなりませんでした。






芦垣の 隅処(クマト)に立ちて 吾妹子(ワギモコ)が 袖もしほほに 泣きしそ思(モ)はゆ (巻20-4357)

自分の家のことではない人は、他人の悲しみには想い至らないため、当事者はよけい切なくなるのでしょう。しかも主たる働き手である男性がいなくなって、残された家族は経済的な不便に泣いたことでしょう。そして旅立ちの当日には、さらに悲しみが増します。

韓衣(カラコロム) 裾に取りつき 泣く子らを 置きてぞ来ぬや 母(オモ)なしにして (巻20-4401)

残された人たちにとっても、大切な家族であり、頼りになる働き手を失う寂しさはいかなるものだったのでしょうか。下の歌の紐(ヒモ)は、霊(ヒ)の裳(モ)であって、神への祈りをこめて愛する人の安全を願う気持ちをヒモに託していたのです。それゆえ「結ぶ」とか「つなぐ」とかは神聖な行為であったようで、今でも「きずな」を大切にするのは同じ心情なのでしょう。

草枕 旅行く背(兄)なが 丸寝せば 家(イハ)なる我は 紐解かず寝む (巻20-4416)

Photo_3さらに、長く困難な旅の途中では、すでに故郷への募る思いが溢れでます。国境である峠は、むかしから旅の安全を祈る手(タ)向けの場所で、タムケがトウゲになったといわれていますが、防人たちにとっては、やはり神に加護を祈りつつも故郷に残した家族のことが気にかかります。(左の写真は足柄峠付近)




足柄の み坂に立して 袖振らば 家(イワ)なる妹は さやに見もかも (巻20-4423)

Photo望郷の思いは、距離が遠くなるにつれ、時間が経過するにつれ、ますます募るものに違いありません。残された家族にとっても、心配はつきないものだったでしょう。万葉集の20巻は防人の歌がたくさん記載されています。このような豊かな感情をこめた歌が1300年も前から残っているのに、日本人は明治以降なぜ他国との戦争に走ったのでしょうか?

(右は防人の主たる任地である筑紫の水城付近)



家にして 恋ひつつあらずは 汝(ナ)が佩(ハ)ける 太刀になりても 斎(イワ)ひてしかも (巻20-4347)

« 第21番目 安房神社 | トップページ | 第22番目 玉前神社 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

突然のメール失礼します。

私、番組制作会社で働いておりますディレクターの村中と申します。

番組ロケをしている際に、芸人さんがこちらのblog内の「防人」のイラストを、プリントアウトしてTシャツにネタとして仕込んでおりまして、カメラに写ってしまっているのもありまして、出来ましたら写りこみとして使用させて頂きたく思い、連絡させて頂きました。

コメント欄というのもございまして、詳細の話が出来ないのもございます。出来ましたら以下のアドレスに連絡頂けませんか?

お手数お掛けします。よろしくお願いします。


村中良輔
ryo29081982mur@gmail.com

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防人のうた:

« 第21番目 安房神社 | トップページ | 第22番目 玉前神社 »